Published by ski8201qa1 on 2015年5月26日

たくさんあるけどどれを使えばいいの?アトピー性皮膚炎用の薬に関する豆知識!

多くは乳幼児期に発生するアトピー性皮膚炎。
成長するにつれ治っていく傾向がありますが、大人になるまでの長い間続くため、治療やケアには根気と正しい検査が必要になります。

塗り薬
最近はアトピーの薬も様々な種類が用意されています。
一体どんな種類があるのでしょうか。
現在市場に出回っている薬の種類は、外用薬、内服薬、保湿剤の3種類が主なようです。
まず外用薬ですが、ステロイド外用薬と免疫抑制外用薬が存在します。
ステロイド外用薬は免疫反応を抑制する働きがあります。
さらに、その炎症を抑える強さから5段階(強い順にストロンゲスト、ベリーストロング、ストロング、ミディアム(マイルド)、ウィーク)に分類されており、症状が重いほど強いステロイド外用薬を使います。
こういった特製から、容量・用法を守って利用しないと、皮膚が薄く弱くなる皮膚萎縮や血管が網の目状に見える毛細血管拡張などが現れるなど、かえって症状を悪化させたり長引かせたりすることがあります。
なので、医師から処方されたステロイド外用薬は指示通りに使用することが大切です。
一方で、免疫抑制外用薬は免疫反応を抑える働きをする薬剤です。
ステロイド外用薬でどうしようもなく、副作用が出てしまう場合や、ステロイド外用薬で効果が十分に出ない場合、またステロイド外用薬である程度炎症が落ち着いた場合などに利用します。
次に内服薬ですが、抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬、ステロイド内服薬が該当します。
こういった内服薬は主にかゆみ止めとして利用します。
なぜなら皮膚をかくと皮膚が傷つき症状が悪化するためです。
これらは、鼻炎、花粉症、じんましんなどにも使われています。
また、ステロイド内服薬はステロイド外用薬で抑制不可能なほどに重症化した場合に免疫反応を強力に抑えるために利用します。
ステロイド外用薬と同じように、医師の指示した用法・用量を守らないとすぐに悪化します。
また、16歳以上という年齢制限があり、最大3ヶ月まで服薬可能ですが、経過後は一度休養する必要があります。
服用中は血圧の上昇と腎機能が低下することがあるため注意が必要です。

 

最後に保湿剤ですが、アトピー性皮膚炎にとって、皮膚の乾燥は症状を悪化させたり治りにくくさせたりするため、保湿剤でうるおいを保つことが大切です。
水分やセラミドの補填、油分で皮膚を覆って水分の蒸発を防ぐものなどいくつかのタイプがあります。
剤形にもクリーム、ローション、軟膏などがあり、保湿効果や使用感が異なります。
近頃では市販でも良いものが販売されているようで、その中でも一番人気があるのがみんなの肌潤糖という保湿クリームです。気になる方は、ここの体験レポートを読まれるといいとお思います。

みんなの肌潤糖の口コミ暴露※証拠写真お見せします!

いかがでしょうか。
様々な薬品を組み合わせてアトピー性皮膚炎の治療に役立ててくださいね。

Published by ski8201qa1 on 2015年5月25日

必見!?アトピー性皮膚炎にあったシャンプーの選び方!

多くは乳幼児期に発生するアトピー性皮膚炎。
成長するにつれ治っていく傾向がありますが、大人になるまでの長い間続くため、治療やケアには根気と正しい検査が必要になります。
アトピーで悩ましいことにシャンプーによる洗髪があるかと思います。
有名なメーカーが開発しているようなシャンプーだと刺激が強いので使ってない方も多いかと思いますが、アトピー性皮膚炎に合うような頭皮の湿疹、乾燥、ジュクジュクとした感染症をケアするような、低刺激だったり保湿力があったりするシャンプーがいろいろあるようです。

シャンプー
ただし、自分の頭皮にあったものでないと、頭皮にしみたり、痒くなったりと、かえって悪化させてしまう場合があります。
なので、今の頭皮環境を考えて、重要視するポイントにマッチしたシャンプーを選ぶことが大切です。

選別ポイントを順番に見ていきましょう。
まず、シャンプーは洗髪をするためのものなので、洗浄力を見ます。
ただし、洗浄力が強いと刺激に対して敏感になってしまいます。
なので低刺激なもの、特にアミノ酸系シャンプーを選んでいきましょう。
ただ、注意してほしいのは、殺菌成分があったり、保湿力があったりと、製品によってはバラバラなので、そこは慎重に選びたいところです。
次にどんな成分が含まれているかが重要です。
一般的なシャンプーには界面活性剤が使用されていますが、界面活性剤の種類によってはアトピー性皮膚炎に対して強い刺激を与え、アトピー悪化の原因となることもあります。
では、どうすれば見分けることができるのでしょうか。
それはシャンプーの成分表記の所に明記されています。
表記には水、利用している界面活性剤の種類の順番で記載されています。
ドラックストアなどで市販されている有名メーカーのシャンプーには、ラウレス硫酸Naもしくは、ラウリル硫酸Naと書かれているものが多いようです。
これらは泡立ちや洗浄成分が高く、価格も安価なので重宝されがちなようですが、皮脂を強力に吸着して洗い流すかなり刺激の強いものです。
なのでアトピー性皮膚炎の方にはオススメできません。
一方で少し高めのシャンプーの場合、ラウレス硫酸Naもしくは、ラウリル硫酸Naを含んでいないシャンプーがありますので、そういったシャンプーを選んでみるとよいかもしれません。
アトピー性皮膚炎もシャンプーも毎日向き合うものだと思いますから、よいシャンプーを選んでいきたいですね。

Published by ski8201qa1 on 2015年5月24日

気をつけて!アトピー性皮膚炎に対するお酒の影響

多くは乳幼児期に発生するアトピー性皮膚炎。
成長するにつれ治っていく傾向がありますが、大人になるまでの長い間続くため、治療やケアには根気と正しい検査が必要になります。
ケアというと、だいたいは皮膚を清潔にすることを想像する方が多いかと思いますが、食事に気を使うこともケアのうちに入ります。

お酒
アトピ性皮膚炎が警戒するべき食物の中の1つにお酒があります。
アトピー性皮膚炎の方で、飲酒をすると悪化するように感じる方は多いかと思います。
理由は、アルコール成分により体内の血管が拡張され体温が上昇し、血行が良くなることで血流が増え、結果的にかゆみが増大することが直接的な原因となります。
また、アルコールには利尿作用があり、排尿時に大量の水分が体外に放出される事で、肌が乾燥するためにアトピー性皮膚炎を起こしやすくなると言われています。
これは、起きている間だけではなく寝ている状態でも発生します。
酔って寝ている間に体が脱水状態になり、神経が鈍るために強く掻きむしってしまったりする場合があるためです。
なので、とても注意が必要です。
強く引っ掻かれた傷は、アトピー性皮膚炎の重症化につながる可能性がありますし、掻きむしった際に爪から傷口へと雑菌が入ることで、二次感染を引き起こす可能性もあります。
ただ、飲酒という行為は、適量であればストレス解消などの効果により人体には良いとされていますし、アトピー性皮膚炎に対する影響があるストレスに対しては効果があります。
また、「飲みニュケーション」という言葉に代表されるように、仕事や友人を例とした対人関係の潤滑油ともなりますので、一概に悪影響を与えるとは言い難い飲み物でもあります。
なので、影響が出るであろう酒量を見極め、飲酒量を自らの意思でコントロールすることが重要です。
例えば毎日ではなく週一度に制限するとか、一緒に水とビタミン豊富なつまみを食べるなどの工夫をすることがあげられます。
いかがでしたか?上手に飲酒をコントロールして、アトピー性皮膚炎と向き合っていきましょう。

Published by ski8201qa1 on 2015年5月23日

アトピーの検査。具体的にどんなものがあるの?

多くは乳幼児期に発生するアトピー性皮膚炎。
成長するにつれ治っていく傾向がありますが、大人になるまでの長い間続くため、治療やケアには根気と正しい検査が必要になります。

看護師
アトピー性皮膚炎の検査方法にはどういった種類があるのでしょうか?
アトピー性皮膚炎の検査方法には、血液検査、皮膚検査、負荷試験の3種類がありますが、この3種類の検査を受診する前に、まず簡単な問診をすることになります。

 

問診では、「どんなとき、時期に痒くなるのか?」「何を食べると痒くなるのか?」「家族にアトピー性皮膚炎の患者や、花粉やダニなど特定のアレルギーを持っている人間はいるか?」などを聞きます。
このほか、湿疹の範囲、程度を参考に、アトピー性皮膚炎の原因と今後の治療方針を決めるための指標となってくるので、正確に答えましょう。
問診後、検査をすることになりますが、それぞれ順番に紹介していきます。
まず、血液検査ですが、採血をしたのち、血液に含まれている好酸球数、IgE値、LDH、TARCの4つの指標をもとに検査していきます。
好酸球とは白血球の一種で、病原体と戦う細胞になります。
アトピーの人は好酸球の数が多い傾向にあります。
次にIgE値ですが、免疫に関わるタンパク質で、アトピーの人は多い傾向にあります。
次にLDHですが、これは体内の酵素で、皮膚や肝臓に含まれているものを指します。
炎症などにより皮膚が破壊されると血液中に出てくるため、アトピーの湿疹の程度がどうなのかを見る際にこの数値を見ます。
最後にTRACですが、細胞を引き寄せるために体内で生成されるタンパク質のことです。
これは最近測定可能になったような新しい数値ですが、LDHと同じく、アトピーの湿疹がひどいと上昇するため、湿疹の程度がどの程度かを測るためにこの数値を参考にします。
次に皮膚検査ですが、皮膚検査は3種類あり、スクラッチテスト、皮内テスト、パッチテストとなります。
スクラッチテストは原因と思われるアレルギー物質を皮膚へ付着させ、針で少しだけ皮膚を引っ掻きます。
15分ほど経過後に赤くなるか、蚊に噛まれたような湿疹が出れば、付着したアレルギー物質がアレルゲンと判定されます。
次に皮内テストですが、アレルゲンと思われる物質を皮膚内へ針で挿入します。
15分ほど経過後にスクラッチテストと同じ症状が出れば、挿入物質がアレルゲンであると判定されます。
最後にパッチテストですが、アレルゲンと思われる物質を皮膚へ貼り付けます。
その状態で、2〜3日後に赤くなれば、その物質がアレルゲンと判定ます。
最後に負荷試験ですが、この試験は原因と思われるアレルギー物質を摂取し、湿疹が発症すればその物質がアレルゲンであると判定するというテストになります。
この検査は症状がきつく表れるため、外来ではなく入院時の検査となることがあります。
いかがでしたか?

いろんな検査がありますが、自分の都合にあった検査を選んでアトピー性皮膚炎と向き合っていきたいですね。

Published by ski8201qa1 on 2015年5月22日

アトピーの「遺伝」に関する豆知識

多くは乳幼児期に発生するアトピー性皮膚炎。

成長するにつれ治っていく傾向がありますが、大人になるまでの長い間続くため、治療やケアには根気と正しい検査が必要になる病気です。

遺伝子

こういった長い間治療に励むことになるアトピー性皮膚炎、どういった人がアトピー性皮膚炎になりやすいのでしょうか。

アトピー性皮膚炎になりやすいかを測るための指標として、アトピー素因という指標があり、本人または家族が、アレルギー性の病気(アトピー性皮膚炎やアレルギー性鼻炎、ぜんそく、結膜炎など)を持っていること、アレルギーと深い関係がある免疫物質「IgE抗体」を作りやすい体質を持っていることの2つの基準で成立しています。

前者は血の繋がった家族、親族の中でアレルギーの病気があれば該当します。
また、後者は血液検査で、IgEという免疫グロブリン(蛋白質)が高いかを測ることで判明します。

ここで、家族という単語から遺伝という単語を類推するかと思いますが、アトピーが遺伝する確率は一体どのくらいなのでしょうか。

双子の研究では、遺伝子が同じである一卵性の場合、共にアトピーが遺伝する確率は77%、遺伝子の違う二卵性の場合、共にアトピーが遺伝する確率は15%なのだそうです。

また、別の報告では、両親共アトピーの場合50〜75%、片親のみは25〜30%、第1子にある場合は20〜25%、兄弟にない場合10〜15%(Falth-Magnusson からの報告/1987)となるそうです。

このことから、100%ではないにせよ、場合によっては遺伝確率が大きく違うことがわかります。
なので、アレルギー体質は遺伝による影響が大きいということは明白です。
そして、残念ながらアレルギー体質を感知することは現代科学では不可能なのです。

しかし、食生活、生活週間、住環境などを改善することで、症状を軽減させたり、疾患を予防することは可能です。

食生活、生活習慣、住環境、普段何気なくしているありとあらゆる行動を見直すことで、きっとそこには改善すべきポイントがあるのだと思います。

Published by ski8201qa1 on 2015年5月21日

気をつけて!こんなことで悪化しちゃうアトピーの豆知識

過敏症の一種であるアトピー性皮膚炎。
子供のときから悩まされている方もいらっしゃるかと思います。

アトピー性皮膚炎の原因にはアトピー素因などの体質的な要因や、日常生活の環境的な要因などがあります。
今回は日常生活を例とした環境的な要因を紹介したいと思います。

ボディソープ

日常生活の要因は主に、行動によるもの、食事によるもの、環境によるものなど多岐に渡ります。
まず行動によるものからみていきましょう。
私たち人間は行動すると汗をかきます。
特に暑い夏の日などは顕著ですね。

汗には沢山の老廃物が含まれているため、放置しておくと肌が不潔になりアトピーが悪化してしまいます。
また、肌が痒くなった際、強くかきむしってしまうことも悪化の原因です。

刺激の強い、もしくは肌に合わないボディソープ、シャンプー、リンス、化粧品、洗剤などの刺激もアトピーにとっては良くない刺激となります。

他には、過剰な行動による、寝不足、過労、精神的なストレスも悪化の要因となります。
こういった要因への対策は、肌を清潔にすること、睡眠を沢山とり、規則正しく健康的でストレスのない生活を送ることが該当します。

次に食事です。
例えば海老アレルギーなどといった、特定の食物に対してアレルギーを持っている方もいらっしゃるかと思いますが、こういったアレルゲンを摂取することもアトピー悪化の要因となります。
対策としては、なるべくアレルゲンを含む食物の摂取を避けることが望ましいかと思います。

最後に環境です。
アトピー性皮膚炎を悪化させる環境的要因として、ダニ、ハウスダスト、花粉、カビ、動物の毛などがアレルゲンとして広く認知されています。
こういったアレルゲンが存在する環境で生活を続けると、当然アトピー性皮膚炎は悪化していくでしょう。

対策としては、ダニが生息しやすいカーペットや畳の上を避けることが挙げられます。
特に湿気がこもりやすいウールカーペットや混紡のものは避けましょう。

また、ダニの餌となるような食べこぼしにも気をつけたいところです。
食べこぼしは掃除機や布巾などですぐに処理をすることが重要です。

また、湿った布団や洗濯物が十分に乾いていない状態で、収納をしたりしてしまうと、そこにダニや細菌が湧いてしまい、アトピー性皮膚炎を悪化させる要因になったりします。
しっかり乾かして収納しましょう。

いかがでしたか?
どの対策もほんの少し手間をかけたり気をつけたりするだけでできてしまうことですが、継続をするとなるとなかなか難しくなってきたりするかもしれません。

しかし、こういった積み重ねが症状を緩和していくことにつながっていくので、アトピーの悪化にお悩みの方は意識して行ってみてはいかがでしょうか。