Published by ski8201qa1 on 2015年5月26日

たくさんあるけどどれを使えばいいの?アトピー性皮膚炎用の薬に関する豆知識!

多くは乳幼児期に発生するアトピー性皮膚炎。
成長するにつれ治っていく傾向がありますが、大人になるまでの長い間続くため、治療やケアには根気と正しい検査が必要になります。

塗り薬
最近はアトピーの薬も様々な種類が用意されています。
一体どんな種類があるのでしょうか。
現在市場に出回っている薬の種類は、外用薬、内服薬、保湿剤の3種類が主なようです。
まず外用薬ですが、ステロイド外用薬と免疫抑制外用薬が存在します。
ステロイド外用薬は免疫反応を抑制する働きがあります。
さらに、その炎症を抑える強さから5段階(強い順にストロンゲスト、ベリーストロング、ストロング、ミディアム(マイルド)、ウィーク)に分類されており、症状が重いほど強いステロイド外用薬を使います。
こういった特製から、容量・用法を守って利用しないと、皮膚が薄く弱くなる皮膚萎縮や血管が網の目状に見える毛細血管拡張などが現れるなど、かえって症状を悪化させたり長引かせたりすることがあります。
なので、医師から処方されたステロイド外用薬は指示通りに使用することが大切です。
一方で、免疫抑制外用薬は免疫反応を抑える働きをする薬剤です。
ステロイド外用薬でどうしようもなく、副作用が出てしまう場合や、ステロイド外用薬で効果が十分に出ない場合、またステロイド外用薬である程度炎症が落ち着いた場合などに利用します。
次に内服薬ですが、抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬、ステロイド内服薬が該当します。
こういった内服薬は主にかゆみ止めとして利用します。
なぜなら皮膚をかくと皮膚が傷つき症状が悪化するためです。
これらは、鼻炎、花粉症、じんましんなどにも使われています。
また、ステロイド内服薬はステロイド外用薬で抑制不可能なほどに重症化した場合に免疫反応を強力に抑えるために利用します。
ステロイド外用薬と同じように、医師の指示した用法・用量を守らないとすぐに悪化します。
また、16歳以上という年齢制限があり、最大3ヶ月まで服薬可能ですが、経過後は一度休養する必要があります。
服用中は血圧の上昇と腎機能が低下することがあるため注意が必要です。

 

最後に保湿剤ですが、アトピー性皮膚炎にとって、皮膚の乾燥は症状を悪化させたり治りにくくさせたりするため、保湿剤でうるおいを保つことが大切です。
水分やセラミドの補填、油分で皮膚を覆って水分の蒸発を防ぐものなどいくつかのタイプがあります。
剤形にもクリーム、ローション、軟膏などがあり、保湿効果や使用感が異なります。
近頃では市販でも良いものが販売されているようで、その中でも一番人気があるのがみんなの肌潤糖という保湿クリームです。気になる方は、ここの体験レポートを読まれるといいとお思います。

みんなの肌潤糖の口コミ暴露※証拠写真お見せします!

いかがでしょうか。
様々な薬品を組み合わせてアトピー性皮膚炎の治療に役立ててくださいね。

#アトピー#薬